クエン酸と酢

さまざまなクエン酸の効果について調べてみましょう。

【スポンサードリンク】

酢の健康効果は科学的にも証明されていますので、もっとたくさんの酢を積極的に摂取する事が望ましいのですが、酸味や匂いが強くなかなかそのまま飲めるものではありません。
また、酸っぱいものが苦手と言う方も多い様です。そこで、酢と同じ成分でありながら酢よりも健康効果が高く、飲みやすい「クエン酸」の登場です。

クエン酸はレモンなどの酸っぱい食品に含まれている成分の事をいいます。例えば、梅干やグレープフルーツなどの酸味もクエン酸によるものです。クエン酸は生物の体内に常に在住し生物が生きて行く上で大変重要な役割をもっているのです。

先にも述べた通りにクエン酸は柑橘類や梅干などからも簡単に摂取できますが、より効果的に摂取するためには、クエン酸そのものを利用すると言う事ができます。それは、結晶の粉末になっているもので無色または白色で、無臭です。水にも溶けやすく、クエン酸粉末を溶かした水はさっぱりとしたほのかな酸味があり大変飲み易い様です。(クエン酸の酸味は酢の3分の1なのです。)ですから酸味が苦手と言う方にも大変飲みやすく感じられる様です。

また、クエン酸の有機酸としての働きは酢の3倍もあると言う事です。これが、クエン酸が酢よりも健康効果が得られやすい大きな理由なのです。

edit

【スポンサードリンク】