クエン酸で疲労回復

さまざまなクエン酸の効果について調べてみましょう。

【スポンサードリンク】

疲労は全身が疲れる全身疲労や筋肉が疲れる身体的疲労、脳や精神が疲れる精神疲労があります。また、急性疲労と慢性疲労と言う様に分ける事もでき、運動などによって急激に疲れる急性疲労は一晩ぐっすり眠ってゆっくり休むとほとんどが回復しますが、慢性疲労はいくら休養をとっても回復しない疲れで、最初の疲労が回復しないうちに次の疲労が溜まってしまうと言う状態をいいます。

一般的な疲労の場合には自分自身で回復する事ができますが、慢性疲労症候群の場合には専門医による治療が必要になって来る様です。
疲労は体内で発生される乳酸と言う物質が主な原因とされ、乳酸が上手く分解されてしまえば疲労が溜まる事はありませんが、分解されないまま体内に残ると疲労を感じる事になります。
ですから疲労感をなくすには、筋肉にたまった乳酸を分解させる事が大変重要なのです。
クエン酸が体内に入ると乳酸が分解されるサイクルが活発に働く様になり、体内に蓄積されにくくなるのです。また、乳酸は筋トレなどの無酸素運動を行った時に蓄積される性質があり、主に筋肉の組織に蓄積され肩こりや腰痛の原因になってしまいます。

これに対してウォーキングや水泳などの有酸素運動は酸素を取り込みながら行う運動なので、長く行える運動で体脂肪を燃焼し、健康効果を上げてくれるのに効果的と言えます。
ですから、日頃からの適度な有酸素運動とクエン酸の摂取は、乳酸の蓄積をとめ疲労回復に大変効果的だと言えるでしょう。
疲れた時には、クエン酸を摂取して、ゆっくり休養し早めに回復する様に心がけると良いのではないでしょうか。

edit

【スポンサードリンク】