クエン酸で自然治癒力

さまざまなクエン酸の効果について調べてみましょう。

【スポンサードリンク】

クエン酸は身体を弱アルカリ性に保つ効果が期待できますが、これと同様にストレスにも大変効果を期待できるものなのです。

現代は人間関係や仕事など様々なストレスの社会です。自分なりに上手にストレスを解消する事が一番望ましい事なのですが、それが上手く出来ないと言う人もかなり多い様です。
長い間、強いストレスを感じ続けていると自然治癒力は衰え免疫力は低下してきます。また、ストレスを感じると自律神経のバランスは乱れて、病気になりやすく頭痛や、肩こり、その他様々な症状が現れてきますが、クエン酸はこの自律神経のバランスを整えるのに大変効果的に働いてくれると言われています。
これは、クエン酸のすっぱい味が味覚に刺激を与えこの刺激が精神的ストレスを緩和させてくれるのに大変効果的である。という事と、クエン酸には体内の臓器である副腎の働きを助ける働きがあるという事です。

副腎からは副腎皮質ホルモンというホルモンが分泌され、このホルモンが自然治癒力をコントロールしてくれるのです。
そしてこのホルモンの材料が酢酸(酢、クエン酸)であると言う事はすでに発見されています。
ですから、特に忙しくて趣味などで上手にストレスを解消する時間のない方などは、クエン酸を摂取する事により身体へのダメージを和らげてくれるのではないでしょうか。意識的にクエン酸を摂取する事をお勧めします。

edit

【スポンサードリンク】