クエン酸と尿

さまざまなクエン酸の効果について調べてみましょう。

【スポンサードリンク】

身体の中の余分な水分や不必要な成分は尿として体外に排出されているのですが、通常成人の場合、1日に1ℓから1.5ℓもの尿が排泄されています。この尿の色や成分、量から病気の有無や健康状態が判断できると言う事はよく知られています。

一日の尿の量が500ml以下と少ない場合は乏尿と言い、50ml以下の状態を無尿と言いますが、この状態が長期間続く場合には腎臓に負担がかかり、何らかの病気が考えられますので注意が必要です。また、反対に尿の量が1日に3ℓ以上と多い場合は多尿と言いこれも身体に負担をかける事になります。

当然、尿は毎日の食事が反映されている訳ですが、尿に反映されるまでにだいたい2時間かかると言われ、健康な人が甘いものや油分の多い物を食べた場合には2時間位すると尿が酸性になって来る事が多い様です。

尿をきれいにすると言う事は健康を保つと言う事につながってくるのですが、尿をきれいにするには、やはりクエン酸を飲む事が良い様です。
身体が疲労し乳酸が大量に出ている場合は尿にも乳酸が多く含まれ酸性に傾いてきます。また、揚げ物などを食べた後にクエン酸を飲んだ場合、尿はアルカリ性で飲まなかった場合は、酸性になっていたと言う実験結果も報告されています。尿が濁っている場合にも、クエン酸を飲むと濁りが解消されてと言う報告もある様です。
これはクエン酸を飲んでから2時間位の間にクエン酸サイクルがスムーズになり乳酸が解消されていると言う事でしょう。

edit

【スポンサードリンク】