クエン酸の驚異

さまざまなクエン酸の効果について調べてみましょう。

【スポンサードリンク】

クエン酸を活用した健康法は古くから言い伝えられ、愛用されてきました。中国では梅を加工して漢方などに用いられ、特に神経痛や胆石などの痛みに大きな効果を発揮すると言われている様です。

日本では梅干が古くから伝えられていますが、梅干は保存ができて殺菌効果もあり、夏の暑さや病気で食欲がない時、お弁当などにもよく使われています。クエン酸を多く含む梅干は江戸時代に庶民の間に広まり現在まで受け継がれてきています。
江戸時代の末期に鎖国が終わり西洋の文化が国内に入ってきたのですが、その時にコレラの病原菌も入ってきてしまい多くの人が亡くなりました。ところが、梅干を常用していた人達はコレラにかかりにくくまた、かかってしまっても死なずに治ったと言われています。この他、明治時代に流行った赤痢なども梅干を毎日食べて回復させたなどと、言い伝えられています。

梅の主成分は水分が80~90%でたんぱく質、糖分、クエン酸です。
毎日梅干を食べると健康に良いと言われているのは、このクエン酸の効果なのです。(ですが梅干は塩分が強いので食べ過ぎると塩分の摂り過ぎになってしまう事もあるので注意が必要です。)
この様に、クエン酸は驚くべき健康効果が隠されていると伝えられ、現在でも活用されているのです。
ですからクエン酸を上手に摂取する事により、素晴らしい健康効果が期待できるのではないでしょうか。

edit

【スポンサードリンク】