胃液とクエン酸

さまざまなクエン酸の効果について調べてみましょう。

【スポンサードリンク】

胃の調子が悪いと感じる方の多くは胃液の分泌が減少している場合が多い様です。
胃液の分泌が不足すると消化不良になってしまい様々な不快感が現れてきます。
胃の中に食べ物や飲み物が入って来ると胃液が分泌されこれと混ざって胃酸により殺菌されるのですが、胃液の分泌が少ない場合はこの殺菌が上手くいかず下痢をする事が多くなります。
クエン酸には少ない胃液の代わりに飲食物の殺菌を行う働きがある様です。

それに加えて、胃線を刺激して胃液の分泌を促すと言う働きもある様です。また、ビタミン類は小腸で消化されるのですが、クエン酸は胃に入っているビタミン類を守ってくれるのです。(ビタミン類はアルカリ性に弱いので小腸に着くまで破壊されない様に守ってあげると大変良いのです。)
また、胃液の分泌が悪いと鉄分の吸収も悪くなってしまうのですがクエン酸を飲むことにより胃液の分泌が良くなり鉄分の吸収も良くなり、貧血等の症状も防いでくれるのです。
この他、胃液の分泌はカルシウムの吸収にも大きな影響を与え胃液が少ないとこの吸収も少なくなり、便と一緒に排泄されてしまいます。

逆に胃酸が多い人は、胸焼けなどの症状を感じる事が多く、酢やクエン酸を摂取するとその症状を悪化させると考えている場合もある様ですが、油分やアルコール、辛いものの摂り過ぎ、ストレスの解消が大きく関係している様です。また、胸焼けの原因は胃酸過多だけでなく食道炎や胃炎の場合もありますので、長く続く様でしたら早めに専門医の受診をお勧めします。

ストレスや疲労の回復はクエン酸がお勧めですが慢性的に胃の調子が悪い人は少しづつ様子を見ながら摂取する事が望ましいでしょう。

edit

【スポンサードリンク】