クエン酸の色々な飲み方

さまざまなクエン酸の効果について調べてみましょう。

【スポンサードリンク】

クエン酸の飲み方は様々ですがどの様な飲み方があるのか紹介してみます。
糖分を利用する場合には黒糖、蜂蜜、オリゴ糖などどの様な甘味でも良いでしょう。
ですが、糖分の制限のある方は注意してください。一日6回を目安に摂取する事をお勧めします。

① 胃の弱い人(胃の弱い人はクエン酸5gから始めてみると良いでしょう。)
コップに5杯程度の水にクエン酸5gを溶かし食事の時や食間、就寝前に飲むと良いでしょう。
また、酸っぱい味が苦手な人は黒糖等を好みに合わせて入れられても良いでしょう。
粒状タイプのものを飲む場合には、その目安量が示されていますがご自分で調節して摂取する事をお勧めします。
飲んだ時に胃がムカムカしたり、チクチクした違和感を感じた場合には量を減らして飲む事をお勧めします。飲める量を早く見つける事が大切です。

② 胃が丈夫な人
コップに5杯程度の水にクエン酸15gを溶かし食事の時間や食間、就寝前に飲むと良いでしょう。
また、酸っぱい味が苦手な人は黒糖等を好みに合わせて入れられても良いでしょう。
食後に飲んだ時に胃がムカムカしたり、チクチクした違和感がなければその量で大丈夫でしょう。
また、食間時の量は食後よりも半分程度の量を飲み違和感がないか試してみると良いでしょう。
冷蔵庫で冷やして飲んでも飲みやすいです。

③ 酸っぱいのが全くだめな人
コップに5杯程度の水にクエン酸5gを溶かし卵の殻(中身はなし)を砕かないで入れておきます。
黒糖等の甘みを少々加えこの状態で3日間放置します。
卵の殻を使うと胃の弱い人も酸っぱい味が苦手な人も飲める事が多い様です。
また、クエン酸の量や水の量はご自分の好みに合わせて調節して下さい。
違和感を感じない程度に無理はしないで飲む事をお勧めします。

edit

【スポンサードリンク】